SHOUT LOVE

どんな言葉で伝えれば良いか分からないまま

にがつにじゅうはち

 2月おわるやん。やば。

 

 祭りの感想を書いた。覚えてない部分が多いけど美勇人くんがかっこよかった記憶は鮮明である。びっくりするくらいかっこよかった。びっくりした。マンションのあの場所に立っているのを見て、すごいなあ、と思った。漠然と。

 見に来られたからなのか、存在に対してなのかパフォーマンスに対してなのか、わからない。すごい、やばい、と真っ先に来てそのあと幸せが来る。感動した。嬉しい。

 

 祭りの翌日で美勇人くんを好きになって600日を刻んだ。

 もうすぐ、すぐにLove-tuneLove-tuneという名前をもらって2年だ。まだよく知らなかったけど雑誌で見つけてから印象に残ってた「森田美勇人」くん、Love-tuneってグループに入ったの?ほげーとYahooのリアルタイムで見ていたっけ。少クラも見てない時期、クリエとかそのへんの情報は基本そこから得てたっけ。今もそういうところはあるけど。

 あと1週間もすれば1年8か月。ある人にとっては些細な年月だろう、でも私にとっては長い。やまだから降りたときの恐怖、いつまで好きでいられるかという恐怖が拭えないから、毎日、今日も美勇人くんを好きだったな~としみじみしながら寝るようにしている。

 その1日1日が尊い。好きでいさせてくれてありがとーーーと思う。おも。

 

 昨日、1時間くらいブログを公開にした。公開できるような内容に全体を整えてから公開することの意味とは???????と思ったけどまぁ、うーん、やりたいようやれたらいいかなそれで。