SHOUT LOVE

どんな言葉で伝えれば良いか分からないまま

幸せの時間

 3月25日、Love-tuneの横アリ単独に行ってきました。

 ほんとにもう夢のような、夢のように幸せな時間だった。

 ファンであるかどうかはさておき、「Love-tuneを見に来た」人々で埋め尽くされる横浜アリーナ。ひとつひとつのペンライトはそこにいる人の手に握られ、彼らの奏でる音に合わせて揺れる。私が大好きな景色がLove-tuneのためだけに存在していて、本当に特別な空間だった。

 ダブルアンコールでメンバーが出てきたとき、美勇人くんは「現実なのかな」と言った。初めての横アリ単独、他のグループもそうだけど、バックJrもつけずグループのメンバーだけで成立させられるのって本当にすごいことだと思う。デビューしている人たちだって、いちばん最初に横アリでライブをやったときにはバックJrをつけてたんじゃないかなあ。本当にすごいこと。

 美勇人くん、いちばん最初に出てきたときは横浜アリーナを見渡して最初は驚いた顔で、とてもとても幸せそうに笑いながらCALLを踊ってた。むちゅ恋で魔法をかける美勇人くん、みんなの声を聴いてニコニコしながらイヤモニをつける美勇人くん、最後、ふかぶかと頭を下げてお辞儀をしていた美勇人くん。

 書ききれないほど本当にいろんな美勇人くんが見られた。思い出がこぼれ落ちていくのに思い出を反芻するたびに、ただただ美勇人くんを好きな気持ちが大きく大きくなっていく気がするよ。困ったほんと責任取ってくれ~~~~~~~~

 デジチケで発券された座席は、センター4ブロック。横アリが初めてだったから「センターってなに??」と思っていたら「アリーナですよ!」と言われて「お、おう、、、」ただただ混乱w。身長そんな高くないから平地だと埋れるから。。

 動揺しながら席に向かうと、メインステージの真ん前、上手側のブロックで前から5列目だった。心臓飛び出るかと思った。目の前、自分から見てちょっとだけ左にお立ち台があって、いやここ主に美勇人くんの立ち位置やん私知ってるんだけど!!!!と始まる前からおびえる。

 

 オープニングムービーは「夢」についてで、夢を話すとみんなに笑われる、夢を持つことは間違いなのかな、夢を叶えられるのかなと言う子どもの問いに対して、「LOVE」と名乗る人物?が相談に乗り、喜怒哀楽を教えていく、、、、、という「風 is a Doll?」を彷彿とさせる始まりだった。

 相談を受けている「LOVE」。今思えば、これはいつもLove-tuneが言っている「みんなの愛(Love-)と俺たちの音(-tune)Love-tune」の言葉を借りれば、「LOVE=ファン」の図式が成り立つ。それがまた後々活きてくるんだけど、あまりムービーの中身をはっきりとは覚えてないという、、、

 

 とりあえずセトリ順に感想を書いていくけど偏りがすごい。これはメモだ。これはメモなんだ。

 

 何で始まるかとドキドキしていた1曲目はCALL

 やっぱり!!!!! 違う曲でくるかな?と思う自分もいるけどやっぱりな~~~~!!!!ってなるよね(笑)。最初から気合い満点に盛り上がるよね~~~~!!! もう好き。新衣装の上にピンクのジャケットを羽織って。ピンクのジャケットなんかバージョンアップしてたね。

 イントロ前、PON!でも確認できたけどさなみゅの前に空男を構えた怜央がいる曲が始まってダンスに移行するとき美勇人くんがちょっとびっくりしつつも楽しそうに幸せそうに笑って踊ってたのが印象的だった。はーーー好き

 みんな髪型安定してよかったなあ。謙ちゃんの髪型がすべてにおいて最高だった。赤毛のアラン好きだよーーーめちゃ目立つーー! 美勇人くんはいつだって最高だけどキューティクルが心配。

 

言葉より大切なもの
 安定。。顕嵐ちゃんの歌い出しとっても好き。

T.W.L
 ここも安定。でも冒頭のくだりが長い!!!! いや長いことよりもそのキー歌いにくいんじゃあ、、、、声だしは好きだよ、、どーもこーもないよーーーー!も言えて最高に楽しい!! 間奏にも声が出せたら楽しいけどもろちゃんのサックスもじっくり聴きたいしペンラがしがし振るだけなら許して……!感がつよい

 動きやすい場所だったから終始飛び跳ねてて、いつも行くバンドのライブばりに飛んでいた。私だけ「どこから来た?」感がハンパなかった。けど飛んだ。ライブはそうやって楽しむものだから、、、素手じゃないから腕の振り方はちゃんと加減しています。

 続いてメンステからセンステに移動。歩いていくのをバクステ方向から撮影してる引きの画がめちゃくちゃ強い。。新衣装まじ強い。そしてCrystal Sky

 メンステ以外に行かれるとまったく見えないからモニターのお世話になる。合同のときはモニター見ることが少なかったから、それはそれでよかったーーーーかっこいいもうほんと。モニター見るのも好きなんだ~~~美勇人くんセンターのがっしがしパートが至高だった(拝)。少クラバージョンの放送もほんとにたのしみだよ、、、

Masterpiece
 初めて見たかも。少クラのマスピが自分の中ではひとつの分岐点かなと思うから感慨深かったそのいち。大サビあたりにはバクステに移動。長い長い花道を移動していくのがまたかっこいいんだな~~~~~~

 マスピ終わって、曲前に煽りをやる美勇人くんは珍しい気がした。「俺も着替えちゃおっ!」って怜央にジャケット着せてもらうの。きゅるきゅる美勇人くんの「Love-tuneがまほうをかけちゃうぞ!」でMU-CHU-DE 恋してる。打ち抜かれた。プリキュアかよ。

 

~LOVEメドレー~
ずっとLOVE
愛を叫べ
LOVE YOU ONLY
君にHITOMEBORE
お~さか☆愛・EYE・哀
 大阪じゃない横浜~~~!!みたいなくだりめちゃ笑った。大阪でもまたやってよ!
アイアイ傘
 あらみゅ!!!!!!!!! あらみゅの相合傘!!!!! 透明の傘に赤のハート、白の丸ゴシックで「あらみゅ」はいかわいい!!!!!! ポポロの投票であらみゅ1位だったもんね……!!! 世論を押さえてきたな……!!!
 相合傘さして周りにわちゃわちゃメンバー集まりつつの
愛ing
 も、はちゃめちゃにかわいい!!!JUMP曲珍しいから嬉しいやつ!
Love so sweet

 らぶメドレー記憶ほとんどないわ。やばいな。3人でスタンドマイクでやってたのなんだったかな……記憶……

 

This is Love Song
 メンステで、アップテンポな2番から。サビの振り付け何度見ても覚えられない。にこにこ楽しそうなみんなが本当に可愛くて素敵な曲をもらったものだな~~としみじみする。

 曲終わりに直筆メッセージが流れて、美勇人くんが最初だったものだから「by みゅーと」しか見えなかった、、あとで検索した「ずっとすきだよ byみゅーと」だって。あああああああしんどい、カレンダーのデータブックには「1年中あいしてるよ♡」だったしなんかもうしんどい、、、(語彙)

 続いて烈火の、、、ユメアイの龍と戦う映像が流れて、Zeppと同じだったのかな? メラメラ燃える「烈火」の文字がババーーーーーンとモニターに出てから曲が始まったのだけど、衣装が金×赤の和服で驚いた!! 上だけ劇中衣装をそのままに、下は袴でなく黒のパンツ。それだけでも新鮮でかっこよかったのに、炎がゴウゴウ出て熱くて、らぶのライブでそんな演出が見られることに感動だった。烈火で何度も炎が出るとかめちゃくちゃかっこいいじゃん。これぞまさに烈火の炎。炎の向こうにいる美勇人くんまじかっこいい震えた

 烈火の美勇人くん本当大好きで、Aメロのあのカクカクしたのとか全ての動作が美しすぎてさ、、、、好きしかないよ、、、

 1番おわって間奏に入ってLove-tuneポーズを7人でキメたあと、普段は楽器を持つはずなのに散り散りになって何が始まるのかと思ったら、殺陣が始まって刀を投げ合ったり回したり、もろちゃんはバクステで和太鼓、メンステではやすあらが大きな布を頭上に掲げて……なんか……やすあらは何をやってたのかと言えば謎だけどひたすらに美……??? 

 極め付けはセンステでのバンド!!!! あーーーーーーーれはまじで興奮した……!!!! センステにもドラムセット置いて、そこでがっつりバンドで烈火の2番をやるという。2番好きだ〜〜がっつりバンド良い〜〜!!!!!

 羽が落ちてくる演出とかも本当にかっこよかった。PON!様放送してくれてありがとう、、、青木アナ様様だよ、、ハイスペックダンサーありがとう、、、、

Triangle
 Triangleめっっっっっっちゃびっくりした。SMAPの楽曲のなかではいちばん好きと言っても過言ではない曲。歌い出しのもろちゃんの美声!!! うっとりした……長かった……めちゃ素敵だった。歌割りもよかった〜〜〜〜。

 曲はすごくしっとりな美しいメロディなんだけど、歌詞が鋭く胸に刺さる。それをSMAPが歌ってることの説得力もあってリリース当時わたしいくつだ?わりと最近だよね?*1 とにかくすごい好きで。らぶが選んだのもさすがだし個人的にめちゃくちゃ嬉しかった、ほんとに…………

 

モロササイズ
 初モロササイズ! コントがめちゃくちゃ面白かった。私あんまりライブ中にやるコント好きじゃないのだけど(バンド育ちだから単に慣れだと思う)すんごい笑った。ミュージカルが突然始まったのもみんなうまかったな〜〜。完成度高かった~~~~。

 すわるか~~~座らないか座るか~~~~~

 

前向きスクリーム!
 タオル曲。いや~~~たのしい。タオルをどう待つべきか割と思案してしまった。反省。

 

MC

 シャワーの話してる美勇人くんが愛しかった、熱湯かけられるやつリアクション絶対面白いね美勇人くんね。みんなでシャワー浴びるの可愛すぎるね。寝てて置いて行かれる顕嵐ちゃんも可愛いね。シャワーヘッドがぶりんぶりんになるのも可愛いね、、、平和仲良し-tune。。

 宣伝で顕嵐ちゃんが「空飛ぶタイヤ」のパネルを持ってきて、「松竹さんが用意してくださった」とのことで。謙ちゃんがテレフォンショッキングみたいだねって言うから、さなぴが実演してくれて震えた~~~~~~「時々後ろに貼れないやつあってさあ! こうやってずっと持ってなきゃなの!」「俺も一般人の感覚を持ってるから、かっこいい人とかきれいな人が来たら影からこうやって見てた」なんていう裏話にときめいた。

 みゅうたろうもニートの宣伝をして、そのとき美勇人くんが「『空飛ぶタイヤ』のパネルをひっくり返したら後ろに~!」と言いながらひっくり返して真っ白でw 謙ちゃんが「ないよ、そういうのまだできてないもん」と呟いてたのが愛しかった、、、ニートも今回はちゃんとお花くれてたね……☆ スタンド2段豪華だったよ

 水とか入ったカゴを美勇人くんが出したり片づけたりしていたのはもちろんだけど、お水飲んでるのを間近で見られて「この森田美勇人、生きてる……!!」と思ってた。

 見学に千賀くん、うみんちゅ、青木アナがいらしてて、他にも丸尾さんTAKAHIROさん、緑子さんえりさん福田彩乃さんの三婆チームも来てくださってたとか……
 丸尾さん作演出でらぶ7人舞台やってくんないかなあ……TAKAHIROさんにも噛んでもらって……これもひとつの夢………

 

 萩ちゃんが新しい楽器始めたのみたいな流れで下手の階段上あたりにスティールパンが出てきて!!!! リトルマーメイドのアンダー・ザ・シーで使われてるぽわんぽわんしたあの音、、、イントロの、、私もあの音すきなんだけど美勇人くんが「おれこのおとすき♡」って言ってたのがかわいくてかわいくてあああああかわいかったあああああああ下手のお立ち台にいい感じに立ってて何をするわけでもなかったんだけど立ち姿がもうかっこいいから震えたよねかってにね

 なんかこう、次に演奏するさなはぎもろは階段上ったところにいるから、お立ち台付近にいるやすあられおみゅは上の3人を見上げるかたちになってて。美勇人くんはお立ち台に右足を乗せながら前向いたり振り返ったりしてたのがいい感じだった、、、足ほそっ脚ながっ

 

侍唄(はぎさなもろ)
 スティールパン、アコギ、サックスでちょろっとセッションと歌をやってから、歌だけになる?んだけどその流れもめちゃくちゃよかった……スティールパン萩谷いいなーまた見られるといいなぁ。さなぴのアコギも。しっとりサックスも。やりたいことをどの曲でやるか、どの曲が合うか考えてたかと思うとその過程も非常に興味深い……

One Love(らんれお)
 どのグループにしても花束を渡すくだりは見るたびいらねえ!!!!!と思う演出ランキング入賞なんだけど、らんれおのパステルカラーなスーツと赤と白の花束が似合いすぎてて最高だった。まじ王子。

 らんれおが出てきた時点で、「わあ、みゅうたろうだ!!!!なにやるんだろう!!!どこから出てくるんだろう!!!!!!どきどきわくわく!!!」と尋常じゃなくそわそわきょろきょろしてたら

 暗転後

 

 とっっっっっっっっっっっっっっっっっっっても
 聞き覚えのあるメロディが

 

 

 

 てーれーれ ってーてーれ てーれーれ(わからん)

 

 

 

 

Yes!!

だあああああああああ

うおおおおおおおお

おおおしぬうううううううううううう

 

 死にました。イントロだけで。も。もう。

 でもそれだけでは終わらない(当然)

 

 イントロだけで死にかかったのに、次の瞬間、目の前にシーツから出てきた謙ちゃんが現れる。

 

 半裸で。

 

 その後登場する美勇人くんももちろん半裸である。

 

 いやまじ

 まじ、、、、、、、、

 エッ 半裸や ん エッ??? えっ???

 半狂乱。

 

 いやだって目の前だよ?

 

 目の前でみゅうたろうが1枚のシーツの中で絡み合ってていやいやいやいやいやいやいやいやいやいや誰だこの演出考えたの!!!!

 

 誰だ!!!!!!!!!

 発想がドエロイ!!!!!!

 

 「もうねダメ、ガマンできない」の腰よ、、、腰振りよ、、、、、衝撃的過ぎてほかの記憶がぶっ飛ぶくらいやばくて衝撃だった、どんな衝撃、ほんと、あんなさ~~~~~~「口づけたぁい」で抱き合うのとかまじおい

 キスするかとおもったじゃん

 もう 言葉にならない 倒れるかと、、、、とりあえずとりあえずとりあえず叫んだ、、、、

 最初は、メンステの中央にあるポップアップじゃなくてムビステみたいな?台の上で絡み合ってたの、だんだん上がっていくそれがまぁベッドみたいに見えるもんだから余計にえろくて、どこまでが確信犯なのかわからないけどw もうほんと誰なのよ考えたの、、、、、

 わたしももうちょっと若い頃は一端の腐女子で、ジャニーズでは普段あんまり考えないようにしてるし考えないんだけど、時々そこに飛び込んでくるみゅうたろうめちゃくちゃ怖い、、、前に少クラで小瀧のんちゃんが「(美勇人くんが本番前に謙ちゃんとハグ)しててほしいなという願望も含め!!!」て言ってたのとか、ふまたんの「(美勇人くんと謙ちゃんは)コッチだから、、、」発言とか、そんなネタにされつつもさらに上を行くみゅうたろうに死にました。引っ張らないでくれーーーーーーーー

 「Yes!!」という曲自体も、わたしが最初JUMPにハマったきっかけのライブDVDに収録されてて、そこのやまだがめちゃくちゃ好きだったから。1回きりのらぶ4クリエでやったと知ったのは結構あとだったはずだけどめちゃくちゃ見たい~~~~!とおもってたのね。それがまさか横アリで、、、、1万5千人の目の前で、、、ウッほんとに興奮した、、、、、、終演後も「Yesが!!!!!!」しか言えなかったもん、あれ、映像化しないの、、、、、せめて局動画、、、

 美勇人くんイヤモニしてないように見えたけど黒だったから見えなかっただけ??? 確証まったくないし見間違いだと思うけどYesでイヤモニつけてなかったらなんちゅう確信犯

 で、その、曲始まりからメンステ中央の台が上がって下がって、そのあと2人でシーツを持ちながら上手の階段を上がり、真ん中あたりに移動しようとしたら照明にシーツがひっかかっちゃって勿体なかった、、、、謙ちゃんがはずそうとするのも結構時間かかっちゃって、その間、美勇人くんは見てるだけな感じだったけど。ひやひやした、、、けど曲終わりには間に合った。もう置いておけば??と思ったけど、次の曲への繋ぎに必要だったんだね~~~~~~そしてシーツ越しに登場、萩ちゃん!!!

Dye D?
 もう記憶ない。怒涛のキャーポイント。やるかな?と思ってて楽しみにしてたのにみゅうたろうのせいで記憶とんだ。赤髪顕嵐ちゃんの吸血も最高だった、、、ヴァンパイア風のマントつけてたかな。

 怜央がみんなに肩もたれてひとりだけ立ってる振りのとき、めちゃくちゃいい顔してたのが印象的だった。間奏の振付もろちゃんだっけ、やっぱりかっこいい、、、もっとじっくり細かく見たいよ~~~~~

PARTY MANIACS
 怒涛からの怒涛。マンションの上の方から、メンカラジャケット着用。美勇人くんがキャップかぶって登場。ツバを後ろに。最高。美勇人くんのキャップだいすき~~~~~飛び跳ねてめちゃ楽しかった!!

僕らのこたえ~Here We Go~

 「俺たちの時代だ~~~~!!!!」って叫ぶの良すぎた。。

 花道疾走後、みんなでセンステで寝ころび肩で息してるかんじ。バテてる。ほんとにめちゃくちゃ走ってた。そこからどうするのかと思えば、

 謙ちゃんの
横浜アリーナから声が聞こえる気がする、、、、」
 \????………イェーイ……?!/

横浜アリーナから声が、、聞こえる気がする、、、、!」
 \いぇーーーーーー!!!/

「どうみゅうと」
「まぁまぁ」

横浜アリーナから声が、、聞こえる気がする、、、、!」
 \いぇーーーーーー!!!/

 「どう萩ちゃん」
「すげぇ……」

横浜アリーナから声が、、聞こえる気がする、、、、!」
 \いぇーーーーーー!!!/

 「どうナガツ」
「ん~……だいすき」

横浜アリーナから声が、、聞こえる気がする、、、、!」
 \いぇーーーーーー!!!/

 「どう顕嵐」
「大好き!!!!!」

 この流れ神だった、ハッピーかよ、、、、、、、

 どこらへんがどう喜怒哀楽だったかもう忘れたけど、この超ハッピーなやりとりのあと、謙ちゃんが「みんな『喜』だけまだだよね! みんなに『喜』をプレゼントします! 新曲……!!」と叫んで大歓声。

 

 モニター、黒背景に白文字で浮かび上がる。

「NEW SONG」に続いて「superman」の文字。

 バンドなし、EDMっぽいかんじ、PON!でも紹介していただいてたけど、本当にダンサブルでハッピーな曲!!!! みんなと踊れるように、すぐ覚えられるような振付をサビに持って来てるのが印象的だった! PON!参照!!w

 それに歌詞がめちゃくちゃかわいいの。Bメロの「忘れられない思い出を君にあげたい」「I feel like superman」、、、でもサビも全部いいな。ぜんぶすき。

おしゃれなファッションに着替えちゃって
今夜くらいは踊りませんか
空にはちょっと飛べないけど
For you I'll be there

 2番の「ママに怒られちゃった」を泣きべそかきながら歌う怜央のかわいさ、、、、「パパが来て」で謙ちゃんが怜央に寄ってってきゃっきゃしてるのがもうかわいくてかわいくて世界平和。

 どっかで美勇人くんセンターなときがあって、そこに美勇人くんぽさを感じたから振付もしたのかな? 美勇人くんが美勇人くんらしく踊ってただけかもしれないけどエッセンスを感じたw

 

 それはセンステで始まってバクステにも行き、いろいろ歩き回ってメインステに戻ってきたときだった……。

 謙ちゃんがセンターに立ってる美勇人くんの腕で逆上がりをするような動作でぐるっと回りはじめて、何をするかと思えばそのままお腹を肩に乗せてスーパーマンの飛ぶポーズをやってたのが真剣可愛くてなんだこの人たちはとびっくりした、存在してるだけで可愛いのにこんな可愛いことする!?!??!?

 ついさっき半裸になって1枚のシーツを取り合ってたとは思えないよ、、、みゅうたろう罪深い

 ガリガリのひょろひょろだった美勇人くんもちょっと力持ちになったかな……大阪で見たときもポポロの写真も腹筋すごかったし、鍛えてる成果が見られて嬉しかった。

 supermanすっごい良い曲だった。おしゃれで、ダンサブルでハッピーで、既存の曲ともまったく違う、でもLove-tuneらしい!!! ファンが歌う部分もあって、良い曲だったほんと、、、他担に自慢したい曲、、配信して、、、、音源をくれ、、、

 「スーパーマーーーン!!!」と叫びながらメンバーがメンステ中央の奈落に飛び降りて、映像が流れる。オープニングと同じ子どもの声が(以下ニュアンス)

ありがとう、みんなに色んな感情を教えてもらったよ。

どんなに辛いことがあっても、みんなの笑顔や声、愛があったから僕は何度でも立ち上がることができたんだ。

僕はこれからも夢を追い続けるよ!
怖くなんかない!

だって僕はみんなを救うスーパーマンだから!

僕は諦めない。君と僕で新しい未来を作るんだ!

 太字のところ、Love-tune7人の声が重なるの。もうね、、、、

 叶えたい夢を前にくじけそうになってた子どもはかつての7人だったのかなと思うと本当に胸に迫るものがあった。ぐっときた。胸を打たれた。くじけそうになったけどそれでもみんなの存在、ファンの存在に彼らも救われて、何度も立ち上がって、夢を追い続ける道を選んだんだとこうも鮮やかな手法で宣言されるとは思わなかった。。

 なんて素敵なメッセージ。

 7人が声を揃えて叫んだこの言葉が、今回のテーマとして、7人が伝えたかったことなんだろうという気がした。

 supermanの歌詞をもう一度引用するけど、

Good God Damn Love
I feel like superman

 この部分がね。意味は「らぶ担まじ最高! 俺らスーパーマンみたい!」なのかなーと解釈すると面白い。

 「God Damn=ガッデム!」って「ちくしょー!」とかの罵り言葉だけど、前にGoodついてるのもあって「まじやばい!」「めちゃくちゃいい!」みたいなポジティブな意味にもなるようで、Loveはみんなの愛だから「みんなの愛があってsupermanになれるよ」、そんな風に思えてるよって受け取ってもいいんじゃないかなーなんてね。

「増えていく思い出 忘れないように半分は持っててよ」

「忘れられない思い出を君にあげたい」
「忘れられない思い出を君と作ろう」

 This is Love Songから今回のsuperman本当に彼らは「ファンと一緒に」を大事にしてくれるな~~というのを感じる。

 怜央が大阪でガッデム!!としきりに言ってたのはsupermanの歌詞、新曲の歌詞だったのかぁと愛しさがわいてくるよ、、、、

 

 ムービーによりエモが爆発大渋滞してる中、supereman終わりに落ちて行った奈落からバンドスタイルのめちゃくちゃかっこいいLove-tuneが登場する。

SHE SAID...
 さっきのムービーともリンクする歌詞だし、ほんと好きすぎるからSHE SAID~~~~~!! も~~~~~イントロで大興奮……!!!

 Zeppで聞いたときもめちゃくちゃ高まったけど、アリーナ規模でやるのも最高!!! らぶのアレンジすんごい好きだ……。サックスの音が良いの……。

 上下に動くステージはスペースがそんなに広くないから、そこにぎゅっと固まってバンドやると熱量が本当にすごくて迫力が増す。彼らの覚悟をひしひしと感じられるような、濃密なエネルギーが横浜アリーナに放たれて、広いはずの会場なのに全然勢いが負けてないんだよね。本当にすごかった。

 この流れで「ペンライト置いて~~~!」からのNO WAY OUTは顕嵐ちゃんがほんっっっっとにかっこいい……赤髪最高だよ……わたしNWOあんまりよくわからなくて(未だにSHARK見てない)どこでクラップが終わるのかまだ染み付いてない、、、流れに身を任せている、、、、

 そのまま手を上げてーーー!って言って、横アリに鳴り響くの鳴き声!! 象を持ってくるのはここしかない……!!!

 Zeppのときは鳴き声を美勇人くんが発案したとかを知らずに見てたから、改めてそこをしっかりと聴けて、見られて嬉しかった。

 イントロ、ちょっと余裕そうに顔を上げて見渡してたのがかっこよかったなー。

 大サビ前の歌部分で謙ちゃんの音取り、リズム取りがズレて(ちょっと走った)崩れたんだけど、しっかり戻して立て直したのがほんとにお見事だった。

 横アリで象やらなきゃ嘘だろ!ってくらい構えてたけど、やっぱりここに持ってくるよね……!って場所に組んでくるから痺れた〜〜。

 SHE SAIDからのこのバンドセクションめちゃくちゃかっこよくて、畳み掛けるような疾走感で攻めていちばん最後は柔らかく終わるっていう組み方がすごく理想的だった。単なる私の理想だけどねw。追っかけてるバンドの感覚でしかないけどほんとに気持ちのいい流れで素晴らしかった。

 バンド体制のまま、らじらーでの宣言通り予告通りのDream on……の前に、謙ちゃんからの言葉。これがまた素敵で。

 どっかの雑誌にでも掲載されるといいけどなあ、、、長いかなあ。(以下ニュアンス)

ペンライトがたくさんある横アリも綺麗だけど、ペンライトがない横アリもめちゃくちゃ綺麗でした。

俺らは精一杯やってエネルギーを伝えることで、みんなに少しでも恩返しできたらいいなと思ってて。魂込めて歌ってます。

今回のテーマは夢です。

人は夢を持って生きることが1番幸せなんじゃないかと思って。

Love-tuneが7人になるとき、7人で絶対にアリーナクラスの会場に立とうという約束をしました。今回こういう形ですが、ここにいるファンのみなさん、そしてここにいないファンのみなさんの力も借りて、ここに立つことができています。

Love-tuneのライブはみんなと一緒に作って、そこで初めてLove-tuneのライブになります。

これからももっと夢を追いかけて、もっともっと上にみんなのことを連れていきます。

見たことない景色を一緒に見ていきましょう!!!!

みんなの愛と俺たちの音で、最後に1曲作れますか!

歌えるよなあ!?

夢見ていこうぜ横アリ~~~~!!!!

 ここでDream onのイントロが流れて、その最中に「夢って最高だろ〜〜〜〜〜〜!?!?」って叫んだの。もうね〜〜もうね、震えたよね。。。。

 でっかい夢を持って生きてるバンドマンの姿と重なった。

 横浜アリーナという会場で、1万5千人の前でこうも高らかに宣言できるもの?

 いつも言葉を選んで話す、優しくて頭の良い謙ちゃんが、心の底から叫んでる姿は本当にかっこよかった。フロントに立つ人がどれほどの想いを賭けて言葉を放てるかってものすごく重要なことだと思うし。

 夢を叶えたい、追い続けたい、って言葉を笑う人っているんだよね。何言ってんだよもっと現実見ろよって言う人。いるんだよ。

 それでも、追い続けられるひとだけがその夢を叶えられると思う。そして、口にも出せないような夢は叶わないんだ。

 わたしには今これといって叶えたい夢みたいなものはないけど、Love-tuneがこれからも夢を叶えていくことが私の夢でもあるんだよ。Love-tuneはもうそういう存在なんだよ。Love-tune7人の存在がファンにとっての夢なんだってことも知ってほしいなと勝手ながら思ってた。

 叶えたい夢がないのなら俺たちがみんなの夢になる、なんてね。実質もうそうなってるんだけど(笑)

 Dream onの大合唱、ほんとにすごかった。今日のこの日を楽しみに、ファンのみんなも曲を聴きこんで覚えて集まってきているんだということに感動した。本当に……すごいことだよ。すごかったよ。

 

アンコール
 Love-tuneコールとってもよかった、、、アンコールはスタンドを歩き回ったりスタトロでぐるっと回ったり。下はわりと置いてけぼりだったけど、花道は走り回ってたしね、置いてけぼりだったけどね。それは下の者の言うことで「これならスタンドもよかった……!!!!」とは思ったよねw

レッツゴー!!

SEVEN COLORS

SHAKE
 「さなシェイク♪ サナシェイク♪ サナシェイクの時間だよ♪」がめちゃくちゃ可愛くて震えた。アウトロでは顕嵐ちゃんが「あらしぇいく♪」やっててそれもめーーーっちゃくちゃ可愛かった!!!

 美勇人くんが消えた~と思ってたら髪びしょびしょにしてベース持って出てきたw アンコール最後の曲は、「やっぱこれでしょーー!」と言いながら始まるCALL!! 

 謙ちゃんもオーマイガッ!は言わずに舌ペロ。したぺろというかべーーーって感じかな??アンコール感たっぷりの結構なユルさただようCALL、萩ちゃんがメンステ真ん中の階段に上って踊ってるのを見てか、美勇人くんもそのあと真似して上って踊っててかっこよかったよ。アンコールだからこそのゆるいCALLもよかった。はかいこうせんじゃないCALL(笑)。それもいい。また見たい、、、

 C&Rもすっごく声出てて。出しきるぞ!って気概が全体にあってすごかったよ。

 

 そのあとは、

「俺たちとみんなで~~~!?」
Love-tune!!!!!!!」

 をきっちりやって、銀テープ発射!

 謙ちゃんが「銀テープおまたせ♡」って言ってるのが印象的だった。単独公演でやっと飛ばせた銀テープ。一面には「ジャニーズJr.祭り2018」、もう一面には「2018.3.25 Love-tune  ~横浜アリーナ」の文字が。感動……!!!

 銀テープ落ちてくる位置ではあったんだけど、失念してたのか構えられてなくて、空を見上げて手を上げながらも「ああこれは取れない」と思ってしまったの。でも気づいたら腕のなかにシュルーーーッと1本落ちてきて普通にびびった。掴んでないから無傷の銀テがいきなり自分のところに落ちてきた感じで。その1本だけありがたく頂戴した。

 

ダブルアンコール

 ダブルアンコ、ないかな、むりかな、と思ったけど、すぐに声が上がってちゃんと前まで聞こえてきてて、本当すごかった。銀テープをくるくるし終わらないうちに出てきてくれて、新曲やっちゃうか!!でsupermanをね。楽しく踊って、ってもうこのへんは記憶ない。おぼえてないや。でもたのしかったほんとに。

 センステに「Love-tune集合〜〜!」って言ってるのに美勇人くんがひとり気づいてなくて、下手の小島でファンサしてて。やっと気付いてセンステにダッシュしてたのもう愛しくて愛しくて。センステの様子はほとんどわからなかったけど、怜央が迎えてくれてぎゅーーっとなってたと。可愛い可愛いLove-tune

 supermanほんとに素敵で可愛くてかっこいい曲だから、27日の夜公演でもやったみたいだけどもっとたくさんの人に聴いてもらえるようになるといいなあ。。

 前述したとおり、美勇人くんが深々とお辞儀をしていちばん最後にハケていったのが最後の記憶。

 

 

 

 

 たのしかった~~~~~~ほんとにほんとにほんとにたのしかった。

 ライブの流れとしては、最初はちょっと間延びした感じがあってもう少しテンポよく進めていければいいのになと思ってしまったんだけど、後半めちゃくちゃ詰まってて素晴らしかった。初めての横アリ単独だし、メンバーだけしか出演者がいないから展開や繋ぎとか色々詰め切れてなかったのかなー。花道を歩くスピードとかの移動時間もあるし、わかんないけど。

 4グループでリハ時間を割ってるから十分には取れないともふっかが書いてたからそれもあったのかもしれない。そのへんはまた次に、かな。後半がよかったからそんなには気にならなかったけど前半は大丈夫かな??と少し思ってた。

 わたしもバンド追っかけてる年数が長いからそっちの感覚が強い自覚はあるし、何が正解かわからないけど、、、私の感覚としてはそんな感じ。

 ジャニーズらしくあり、バンドらしくあり、アイドルらしくあり、かっこよかったし楽しかった。Zeppのときはそういう状況じゃなかったから控えてたけど、横アリでは本当に思うように飛んで楽しめたから筋肉痛がすごい。今もすごい。たぶん明日も痛いと思う。ライブになったらめちゃくちゃ動く癖に運動不足だから全然痛みが取れない。。

 

 

 Dream onの前に「テーマは『夢』」と謙ちゃんが話してくれたように、全体的に夢を持つことの素晴らしさを知ってほしいみたいなメッセージが込められていた。

 「夢」がテーマのコンサートと聞くと、普通は「非日常、非現実的な夢の世界」をまず思い浮かべるんじゃないかと思う。そもそもコンサートって空間自体がそういう夢の世界だよね。

 夢の世界を演出するなら具体的に色々と案が浮かぶだろうけど、らぶが今回テーマに掲げた「夢」というテーマは、「叶える方の」だった。それはとても抽象的でどうコンサートで表現するのかと思っていたら、らぶは「喜怒哀楽を学んでいこう」みたいな切り口で展開を考えていて面白かったな~。めちゃくちゃ散らかりそうなテーマなのに。

 そもそもLove-tuneが選んだ「夢は夢でも叶える方の夢」ってのはジャニーズがコンサートでやるテーマとしては珍しいように思う。

 ジャニーズってジャニーズだから、もう夢を人たちというか生まれた時から人生勝ち組みたいな大衆のイメージを背負ってると思うの(偏見)。世間一般の人はそう思ってるし、ジャニーズJr.がこんなに高いスキルを持ってることも、グループごとでも横アリを余裕で埋められることも、彼らが顔の良いだけじゃなく努力を惜しまないスーーーパーーーーー努力家集団だってこともほとんどの人が知らない。

 努力を見せないのが彼らの美徳であることが多いし、キラキラした面をより強く打ち出すことが多いからなのもある。そもそも今のJrは表に出ることが少ないから知る手段もないんだけどね。

 Love-tuneがまだジャニーズJr.であるからこそ、「夢を叶えること」をテーマに掲げても説得力があるし、その意志の強さが胸を打つ。テーマを感じ取って、謙ちゃんの言葉を聞いて、すごくLove-tuneらしいテーマだと思った。

 そんなテーマを選ぶことで「俺たちはもっともっと大きな夢を追い続けるんだ」と高らかに宣言してくれたのもとても印象的だった。

 

 Youtubeのこともあるし、他グループのweb連載が次々決まったり、Love-tuneはどうなんだろうという意見は相変わらず見かける。

 私も漠然と不安だった。今もやっぱり不安は拭えない。変な噂はたくさんあるし、準レギュラー番組は終わるし、今後の予定ないし、毎週動いてる動画を見られるグループとは全然環境が違うように思える。

 でも、単独を見て「Love-tuneLove-tuneだよね」、って気持ちが強まった。

 他が連載持ってるかららぶも欲しい、じゃなくて「らぶに連載くれ!!!!!早くくれ!!!!」と思うし。他がどうこうだからじゃなく、私は「Love-tuneにこれをやってほしい」と願うことにする。

 足並みとか横一列どうでもいいんじゃ。わたしはLove-tuneが紡ぐLove-tuneの言葉が読みたいんじゃ、、、、Love-tune Live 2018はツアーをやってほしいんじゃ、、、

 

 この先どうなっていくのかなんてわかりっこないし、不安を完全に拭い去ることなんてできないんだと思う。

 でもLove-tuneもきっと同じなんだと思えばさ。

 彼らだって時々は、言いようのない不安のなかに立つ日があると思う。

 そんな日があったとしても、そんな日さえ乗り越えた先に、今まで見たことのない景色を見せてくれるんだと思えばさ。

 なんか私も頑張れる気がする。

 いつも言ってくれる、

「みんなと一緒に」

 これほど心強い言葉ないよ。 

 今回の横アリ単独ライブで受け取った言葉たちを胸に、また気合いを入れ直して、Love-tuneを大好きで居続けたいと思う。

 恥ずかしくない自分でいなければ。

 

 本当に幸せな、濃密な幸せの時間だった。

 幸せをありがとう。Love-tune。 これからもよろしく。

 

 

 

*1:高校生だったわ