SHOUT LOVE

どんな言葉で伝えれば良いか分からないまま

Love-tune Live 2017 *初日*

Love-tune Live 2017
 in Zepp DiverCity

 

 10月18日 初日に! 行ってきました! チケットに関する詳細は最後に書きます!

 なんかもうこれ字面がいいよねLove-tune Liveって字面が……涙

 

 私はこれが初めてのLove-tune単独ライブ。

 楽しかったなあ、幸せだったなあ、そればっかりが頭のなかにいっぱいで、言葉がうまく出てきていません。思い出したことは適当に追記しますし、記憶違いのところもあるかと思います。でも感想書いていきたいと思います!!!

 単独のレポ書けることが素直に、ただただ嬉しい。すごいことだ。。。

 

 私が見ていた場所は、後方にあるPA卓の横で一段高くなっている場所。ステージとの距離はあるけど、一段高いのもあって全体がすっっっごく見やすくて、双眼鏡があってもいいくらいの感じ。持ってる人も何人かいた。フロア全体を見ることができてすごく良い場所だった〜〜。

 1階フロアの中央付近の壁に液晶テレビみたいなモニターが置かれてて、全体の映像が映る。それほど画質のいいものではなかったけど、感動してしまった。

 入場前に一緒に過ごさせてもらってたフォロワーさんとそのお友達とは整番が500番くらい違ったんだけど、私が後から下手の入口から入って上手*1にふらふら移動していたら、フォロワーさんが見つけてくれて混ぜてもらいご一緒することに。

 お隣は全くの初めましてのモロ担さん。声が大きいから不快だったら言ってくださいと声をかけてくださってて、いっしょに盛り上がりましょう~!と周りみんなで始まる前からわいわい盛り上がっていた。並びを図解しようと思ったけど何を晒しとんじゃとなる気がするので(もう結構言ってる)控えます。

 わたしはロックバンド育ちなのもあって完全に縦ノリ*2だし、腕を完全に伸ばすくらい上にあげてブンブン振るのも迷惑だろうからきっと後方で正解だった。。ちなみに整番は1600番台前半でした。

 

 アナウンスも「本日は、Love-tune Live 2017にお越しいただき……」って言ってくれる。もう本当、今日のZeppは全部Love-tuneのためのものなんだと、Tシャツもセットも照明も音響も何もかもLove-tune Liveのために作られたもの、そのために集められたスタッフさんたち、感慨深いにも程がある。

 

 そして開演前に始まるLove-tuneコール。これがもう「らぶのライブに来てる!!」とひしひし感じて嬉しかった……自担Gの名前を手拍子と共に叫べる空間ってなんて幸せなんだろう、そう思っていたら照明が落ちて、「Love-tune」の文字がステージに浮かび上がる。私たちの目線の高さにあったそれが、ステージの上部に掲げられる、それだけでヤバい。キャーポイント。

 ステージは中央部分に階段があり、いちばん上に萩ちゃんのドラム台がある。高い位置にあるからまた見やすいんだよドラムが……。

 その階段、ドラムの手前にメンバーがぎゅっと集まった状態で始まった1曲目はCALL!!!ブチあがるーーーー!

 なんと言っても驚いたのは、ドラム台の上にでかでかと大画面モニターがあったこと!!!!

 これぞジャニーズ!!!!! 歌詞も出る!

 正直、Zeppのスタンディングエリアは2000人が入るから、後方だと何も見えないだろうと覚悟していた。どんな席でもオールオッケータイプだけどEXの見えなさとか聞いてると、実際に顔も見えない何やってるかわからないって果たして楽しめるのか、でかいモニターなんてZeppで付けるか?Zeppだよ??とか色々思っていたんだけどLove-tuneはやってくれた……モニターで抜かれてキャーポイント稼ぐのはやっぱりジャニーズ!!!

 ドラムのバスドラにはもちろんLove-tuneのロゴ入り。萩ちゃん用のドラムカメラもちゃんとある。上手、下手には高めのお立ち台あり。メンバーがお立ち台に立つとこれまた見やすい。

 月曜の少年収から話題になってたヘアスタイル*3、謙ちゃんがピンクブラウン(かわいい)、顕嵐ちゃんが茶まじりの金(超ロイヤル)、さなぴが茶よりの金(顕嵐ちゃんよりも茶色寄りな気が。イケイケ)、萩ちゃんが黒(かわいい)、怜央が短髪(ウェーブがかってた?幼い可愛い)、もろちゃんはセンター分け(かっこいい)、美勇人くんは前髪に茶色が入っててちょっと軽くなってたかな。思わず「茶色いやないかーーーー!!!」とひとりつっこんだ。真夜プリの予告がビンゴ。前髪かきあげる仕草は現役だった(好き)。

 続いてFinally Over、知らない曲ばっかりなことを覚悟してたから知ってる曲がくると嬉しいし否応なく盛り上がる。このへんでもう、あぁちゃんとロックだな、「ここは Zeppだなぁジャニーズだけどちゃんとバンドだぁ」というのを感じ始める。フロアの盛り上がり方もそうだし、らぶメンのノリもテンションの高さも、ちゃんとZeppに合わせてきてると思った。みんながどれだけこの日を楽しみにしてきたか、ってことだよね。本当にいい熱量だった~。

 もろちゃんのサックスソロからのT.W.L、客席に歌わせるやりとりを何度か繰り返したあと、もう一度サックスから曲に入る。いや~~~~たのしい~~~。

もろれお「調子どーよ?」←ひっついて超かわいい
ファン「どうもこうもないよ!」

 のやりとりは最高に盛り上がってすごく嬉しそうだった。その笑顔を見れるならいくらでも声出すよって気持ち。参加できて嬉しかった~~。メンバーの名前をC&Rする場面もあって、それまでのメンバーは名前だけだったのに謙ちゃんが美勇人くんの時だけ「美勇人→カリスマ→デザイナー→森田→美勇人→Tシャツ→完売!」としてくれて照れ照れの美勇人くん、最後は顔の横でぺろピースしてほんとにほんとにほんとに可愛かった……。

 自分のためにはすごく、楽しそうでフレッシュなバンドらしさ。客席に歌わせるのとか本当に上手だな~~~。もうね、どこの場面でとかなくベースひいてる美勇人くんがニコニコしてるのが愛らしすぎて、フロア見下ろしながら楽しそうにしてるのがとってもよかった。素敵だった。

 ここで暗転したかと思うと、夢アイランドの殺陣のシーンが映像で流れる。白黒だったりカラーだったり、ちゃんと「Zepp用」に作った映像だったんじゃないかな? わたしは夢アイも見てない勢だからすんごく嬉しかった。。その映像だけでもください……!!ってやつ。モニターにそのまま「烈火」の文字がババーーーンと出て(縦書き)興奮する。

 ステージの照明がつくと、メンバーは謙ちゃんを先頭にV字フォーメーションで待機。

 から始まるダンスが!!!!!!! えぐいかっこよさ!!!!! びっくりした!!!!! ロボットダンスのようなバキバキさ!!! 結構振りも揃ってたような?気がした??笑

「正しいのに黙ってんじゃねえ」って、刺さったなあ。らぶらしい歌詞だった。烈火ってぴったりの曲名だね。先月のポポロで何人かが火にまつわる話をしていたのはそういうことだったりするのかな?

 曲の後半はバンド。それにもびっくりしたけど、いちばんはモロちゃんの横笛!!!篠笛?(お祭りで使うようなやつ) そしてやすあらの三味線!!!!

 もろちゃんが笛をドセンターで吹き始めたときは、隣のもろ担さんに「すごい!!!かっこいい!!!なにあれ!!!!かっこいい!!!!!!」って周囲のみんなでわぁわぁ言っていた。いや~~~~~~~~~~~~~~~~~かっこよかった本当に。いつ練習したのもろちゃん!?サックスパートもいっぱい増えてたのに!!!どんだけかっこいいのよーーーーー!!

 もちろん三味線もいつ練習したのか!?!?和楽器入れたいよねって言ったの誰よ、、、天才かよ

 クリエのセトリに入って以来よく聴いていたPSYCHO、大好きな曲になっていたからやってくれたのが嬉しすぎて嬉しすぎてその上で美勇人くんかっこよすぎて死んだ。むり……かっこいい……やばい……むり……と呟きながら崩れ落ちそうになるのをこらえる。金の扇子を懐から取り出すのがもうむり。かっこいい。涙

 サイコ、C&RもあるしすごくZeppに合ってたんじゃないかな。やっぱり、CALLのHey!!もだけどコールするタイミングでみんな手を高く振り上げるから、その景色がとっても綺麗でね。後ろから見ることの特権。ほんとに綺麗だった。

 さなぴーーーーーOtherside!!!超!絶!かっこ!!いい!!!さなぴ以外の記憶ナシ!!!!!ほんとにかっこよかった!!!!!!!髪色も似合ってたしな~~~~もうかっこいいほんと、、、でもあの金髪では結婚したい男より抱かれたい男だな(チャラさの問題)。

 続いて、もろちゃんのジャジー*4なサックスソロからの「君だけに」。テレガイで話していた曲とはこのことだったのね。サックスソロの時点でフロアめちゃ感動してて、終わったらフゥ~~~!キャ~~~!だったんだけどしっとり謙ちゃんが歌い始めたから「スンッ」となるのが愛らしいらぶ担だった。君だけにすごいよかった~~~。指ぱっちんしたい気持ちにすごくなったけど恥ずかしいからやらなかった(正解)。

 怜央が伴奏してるだけのパートもあって、頑張ってたなあ。。前で見てる長妻担が双眼鏡かまえてじっと見守ってるのが微笑ましかった笑。みんなのユニゾンも綺麗でとってもとっても美しい曲だった。

 Heavenly Psychoはねぇ……らぶ4でやってたへぶんりも好きだったから、やっと7人でやってくれた!見れた!!って嬉しい気持ちもあり、昔々に死ぬほど見てたエイトの「Excite!!」に収録されてるへぶんりのマルチアングルを思い出してめっちゃ涙腺にきた。あの時期のことも蘇る、けど今らぶが噛みしめるようにこの曲を歌ってるのが……うーん何も言えないや……胸にすごくきて。ずっと好きな曲ではあったけど、思い出深い大事な曲だったんだなあとZeppで改めて感じさせられた。。それをらぶが歌ってくれるのすごく嬉しい、自分の色んな想いが浄化されていくかんじ。美勇人くんのソロパートも最高。さいこう~~~~~。

 タオル回し曲はかつんのGREATEST JOURNEY!!! 何度も聞いたことがあるわけじゃないんだけど、タメ旅のやつや!!と思いながらタオルぶん回した。

 続いてのNO WAY OUTで訓練されたオタクの素早さにびびる。ペンライト下げるタイミング神すぎ。ファンも含めみんなかっこよすぎ。らぶ担のさすがの団結力に現場初心者は感動した。

 

MC
・そわそわした話
 ファンのみんなもそわそわしてたと思うけど、こっち側(メンバー)もそわそわしてた。美勇人くんは登場のとき楽器なしなのにベース持って立ってた。指摘されてジェスチャーで再現している美勇人くん尋常じゃなく可愛い。

・萩ちゃん「こっち(メンバー)もめっちゃ緊張してるのに、さなぴーだけ『早く始まんないかな~楽しみなんだよね~~~』って揺れてた」

・さなぴが宣伝ごとをつなぐのがうますぎて「とっつぁん」と呼ばれる

・天気の話「晴れたぁ~~~!」って言う萩ちゃんまじ萩ちゃん

……だめだMCぜんぜん覚えてない。Tシャツの話もしてた。 

 

>後半戦

 ユニット曲、まずは君と…Milky Way(顕嵐、萩谷、安井)
 下手のお立ち台に謙ちゃん、ドラム前の階段に顕嵐ちゃん、上手のお立ち台に萩ちゃん。わたし萩ちゃんの歌めっちゃすきなんだよね……堪能できました……この曲ファルセットすごいじゃない、でも3人ともしっかり歌ってて素晴らしかった。3人とも声きれいだな~~。顕嵐ちゃんが舞台終わって特に声がよくなった気がするけど元をそんなに知らないと言えば知らないのである(ごめんなさい)。

 謙ちゃんだけが残って、小さい台を前に……しての……DJやすい!!!!! 夏のレポ読んでてものすごく見たかったものの1つだったから、謙ちゃんのDJ姿が垣間見れて嬉しかった……、からのさなみゅ!!!!!

 はい出た、自担の曲だけ知らないやーーーつ!!! さなぴ&美勇人くんの&Say。かっこよかったからオールオッケー。さなみゅのダンス対照的なんだけどそれがまたいい~~~~!!! わけわかんないくらいめっちゃ踊ってて鬼かっこよかった好きしかない。美勇人くんが美勇人くんらしく踊っているのが嬉しくってね、それでいい、それがいいよねって気持ちだった。ジャニーズっぽくないダンスもできることが彼の強みだし、それを活かせるシーンはちゃんと作ってもらえる。

 もろれおだね~~、って周りの人たちと話していたら突然「すべてはここから始まった!!!!(立木さんの声)」って「上田ジャニーズ陸上部」の映像がモニターに。2016年5月の自己紹介の映像あたりからかな?? 夏合宿、中国ロケ、この映像も特別に作ってもらったのかなあ。すごいね。本当にすごい。番組制作スタッフさんありがとうございます。未公開映像もあってすごく微笑ましくもあり、もろれおの努力と人柄が伝わってくる素敵なものだった。ふたりが本当に頑張ってるから体育会TVのスタッフさんも協力してくださるんだよね。お花もいただいて、本当にありがたいことです。

 上田監督へのメッセージを叫んで、「2人で歌います!」からの「Will Be All Right」でまた私の涙腺はやられた。

仲間と繋いだ楔 やっと見えてきた光
これだけは負けない
いつまでも消えないよ
あのとき誓った想い
明日へと進もう
(中略)
頑張ってる君の目が 世界中に輝いて
未来さへ変えてゆく 今ここで

 デビュー前からデビュー1年あたりまでのかつん担だったのもあって超~~~~すきなのWill Be、、、初めて聴いたとき鳥肌だったな~と、ちょうど数日前に仁さんの歌、曲を聴いて懐古しつつテンション上がってたところだったからなおのことアガった。でも、もろれおってこんな歌うまいんだ!?ってそこも驚きだったかな!! 特に怜央の歌を聴く機会あんまりなくって。いい声なのは知ってるから歌割りが今後また増えていきますよーに。 センター奪い合うもろれおも可愛かった~~~ジャージもよかった!ユニフォームも! 途中からメンバー全員も出てきてみんなで歌うのがまたよき。

「前向きに頑張ります!!!」からの、涙目から一気に楽しい前向きスクリーム!メンバーがかわいかった~~。風船が出てきて、最後青いやつがなかなか戻っていかなくて大変そうだったw この曲すごく盛り上がるからメンバーの楽しそうで何よりだった。。

 次の準備のため萩ちゃんは先にハケて、始まるコント。白黒のドリボ衣装に着替えた萩ちゃん登場。ひとり芝居が始まる。萩ちゃんの心の声すごいかわいいから!!!

 モニターに氷の画像が出てきて、「なんだこれは!?」な萩ちゃん。殴ってみるけど硬すぎて氷は割れない。痛がる萩ちゃん……ドラムにピンスポが当たり、「あ!あんなところにドラムがある!!!」→叩いてみると、氷にヒビが入る。

「これ……いける!!!」
「でもなあ、ひとりの力じゃなあ、、、みんなの力を借りればいける気がする! みんなに名前を読んでもらおう! 萩谷、萩ちゃんだといつも通りだし……慧悟だ!!」

 ってことで、萩ちゃん「せーのっ!」「慧悟ーーーーー!!」力が出て満足そうな萩ちゃん、でもおかわりを欲しがる。笑

 ドラムソロがっつり、他のメンバーも登場してまた階段に集まるスタイル。

 そしてイントロで即死したSHE SAID…。かつんがMステで披露したのを懐古し、また涙腺をやられるおばさん。死ぬほど見たやつ……。らぶバンドで見られるなんて思ってもいなかったし死ぬほどカッコよかったから本当に感動。と思ってたら次One DropがきてTHE しんどい。オリジナル通りに「♪~Tear drop」の部分で指の振りをやってるのがテンションめっちゃあがる!!! かつんはロックな曲が多かったけどそれをバンドでやるとまた全然違うんだなあ。まーでもそれがバンドにも合うんだよ、、、かっこよかった~~~このあたりまた少クラで、と思うけど、やっぱり最優先はオリジナル曲かなあ。色んなパフォーマンスを少クラで見たいし、他担さんにも見てほしいって思ってしまうよね。

 いろんな人がやってほしいと言ってたエイトの「」!!!
 実はやってほしいツイートをよく見てたからやってるもんだと思いこんでて、夏くらいかなぁらぶ用プレイリストに入れてたの。違った!って思ったのは最近なんだけど、また入れなきゃね。

 本当かっこよくてやっぱりエイトのバンド曲は違うなーってかんじ。バンド感が強く出るのはリスペクトもあるだろうし彼らのなかでイメージがつきやすいからなのかな。バンドの、っていうかライブのクライマックスにこの曲を持ってくる選択がすっごくニクい……! 天才かよ……!!!

10年後またここで会おうよ
そんときは今よりずっと笑っていよう

 ほんと、ジーンときた。そうなりますように。

 そして謙ちゃんの短いMC。関係者の方々、ファンのみんな、と何度も感謝の言葉を伝えてくれた謙ちゃん。話し中に、ほかのメンバーはジャケットをピンクのジャケットに着替えて登場。謙ちゃんのジャケットは顕嵐ちゃんが持ってきてくれた。

 「愛をくれたみなさんに、お返しのような曲を歌わせていただきます。Zeppの、この日のために新曲を作っていただきました、僕らからみなさんへの、Love-tuneとしての初のラブソングです」と紹介してくれた「This is Love Song」がまーーーーーーーもうエモさ全開でほんと泣くわと。僕たちからみんなへの感謝の気持ち?想い、愛を込めた歌?そういうニュアンスの言葉も添えてくれていたと思う。

 これをピンク色のジャケットを着て歌うのがすごく素敵でロマンチックで。らぶからの愛情を感じた。

「始まりは曖昧」と、らぶが出来た経緯を感じる歌詞に、「君の笑顔が僕を強くする」「君に会えてよかった」そんなようなワードも詰まっていて、こっちのセリフだよそれはと、思える部分がすごく多かった。だから泣けた。

 しっとりバンドで始まったのが、2番はダンスで、それがディズニーのショーのような華やかさでとても素敵だった。アイドル!! なんだかんだアイドルで終わるんだなこのひとたち!!!!と感動しかなかった。意外な終わり方ってこのことかな? ほんと、そう思ったよ。可愛くて愛に溢れた、まさにLove-tuneのラブソングだった。バンド×ダンスでね、ちゃんとできてて。烈火もそうだけど、オリジナル曲がちゃんと彼らを体現してくれている。こんなに素晴らしいことはない。

 顕嵐ちゃんの「だいすきだよ」もほんと……かっこよかった、素敵にロイヤル王子だった……でもね、もっともっとたくさんの人に届けてほしい言葉だった。どうして見たいひとみんなに見せてあげられないんだろうと思うと本当泣けてくるんだよ。。。

 らぶが大好きなひといっぱいいっぱいいるのに。今回わたしは奇跡的に入ることができたけど、Twitterで見かけた、ライブも見れずTシャツすら完売で買えず泣いていたという子。それは自分だったかもしれないと思う。切ない。たくさんの人に見てほしい本当に素敵なライブだった。

 次に繋げるって言葉を信じてるし、そう言うしかないのも重々わかっているけど、でも、でもさ、今日のライブは今日しかないし、Zepp DiverCityLove-tune Live 2017はこの3日間しかないんだよ……!!!!! 今までの現場だって全部そうだったけど、そうなんだけど本当にやるせないよ………!!!!

 
 メンバーハケたあとすぐに始まった「Love-tuneコール」。モニターにはライブのロゴを反転させたもの(黒ベースに白ロゴ+なんかオシャレな光)がドーンと映っていてそれにも感動。

 しばらくして、モニターにはハロウィン仕様のビートくんが登場!!!!!すごい動く!!!(ほんとに映像関係めっちゃ金かかってない!?!?!)

 初ビートくんに感動する私。
 10月はなにがある?「美勇人の誕生日!」「俺もだよ!」みたいな話~のあとに、ハロウィンがなんとか、、、かんとか、、だったかな、、、、そりゃそうだけど、、、衝撃で吹っ飛んだ、、、まぁそんなハロウィンのビートくんで、「僕はVampire」か?!とざわつくJUMP担たちだったけどDye D? でした。

 私は「Shall we?」もアリだよ?!って思ったのに……いやDye D?くそかっこよかったよ。逆にMasqueradeでも、、、、、、うん。Dye D?かっこよかった。知らない曲だったけど問題なくかっこよかった。しんだ。

 衣装はテレガイで話してた「湾岸用に作ってもらった」やつなんだと思う。萩ちゃんが袖ヒラヒラでドレッシーすぎてびっくりしたし、顕嵐ちゃんのハット付で伯爵っぽい感じが似合いすぎてて最高だった。

 冒頭は怜央のターンでくっっっっっそかっこいいので長妻担が狂気乱舞してて私も高まった……ほんとにかっこよかったよ怜央。怜央がどーんと真ん中に立って、他のメンバーが周りでわらわら踊るみたいな。

 顕嵐ちゃんが謙ちゃんの首筋に噛み付くところなんて死人出たんじゃないか????モニターに映る謙ちゃんの後頭部が愛しかった……顕嵐ちゃんが正面向いてるから謙ちゃんは背中向けてるの。それがまたいいの。スーパー顕嵐タイムなの。

「血ぃ吸っちゃうぞー」って可愛く言った顕嵐ちゃん罪深い。罪深い。罪深い……。

 美勇人くんは踊りながらジャケットの肩をはだけさせてるところが多かったかな? わりとシンプルに見えた。蝶ネクタイの記憶だけはある。ほんと見事に全員バラバラの衣装でじっくり見させてほしいなあ。

 衣装そのままMU-CHU-DE 恋してる。かわいい、サビの振りをお立ち台で踊ってる美勇人くん可愛いしかなくってもうほんと可愛かった。ひたすらに。上手のお立ち台の真正面くらいの位置にいたんだけど、美勇人くんが客席に向かってしっかり手を振ってくれていて素敵だった。私の目が悪いからどこ向いてるかはよくわからなかったものの、遠くにも手を振ってくれていたから視界には入っていたと思っている。。笑

 ここで上のジャケット&シャツを一瞬で脱いで(俺たちも着ちゃおうかな!?みたいなことを言ってた)グッズTシャツに着替えて言葉より大切なもの!!!
 デザイナーMyuto Morita大先生の着こなしに大注目だったんだけど、まさかのハーフ&ハーフ。度胆抜かれた。いや、思ってたよ?重ねてくるかな??とか思ってたけど、ハーフ&ハーフ………おしゃれだった……あれ作れるかな???と思ってたらすでに作ってる人いてびびった。私も作ろうかな。。。うーーーーん! 半分に切ってあと半分どうする問題!?!?

 

 ひとりずつ挨拶したのはここかな? 顕嵐ちゃんがこれからたくさん新しい景色を見ましょう、と言ってくれたのがグッと来た。。

 ラスト、謙ちゃんが「みんなの愛と俺たちの音でLove-tune「俺らの名前……いや、俺たちとみんなの名前を呼んでくれ!」って言ってて、あぁえびみたいなやつ*5だ~~~~影響受けてる~~としみじみしながら、「俺たちとみんなでーーー!?」「Love-tune!!!!!!!」を叫べたのがもうほんと嬉しかった。えび兄さんたちもだけどね、らぶにもぴったりだと思うよ。だってファンの愛とメンバーの音でLove-tuneなんだもの。素敵な名前をもらったって、謙ちゃんも言ってたな。

 

 Wアンコールは挨拶というかちょっと話しに出てきてくれた。みんな嬉しそうだった~~。

 いちばん最後にはもろちゃんが「幸せだったよなあ、みんな!?」してくれて、「そうだーーーーー!!」の絶叫!! 本当に素敵な空間だった。「すげー」って口々にメンバーも言ってて、萩ちゃんかな?「そうだーーー! in Zeppすげえな!」だって。本当にすごかった。。。

 メンバーハケたあとも、拍手で終了。

 17:00開場、18:00開演、19:45終演。

 フロアのみんなが笑顔で、周りの人に「楽しかったですね」「ありがとうございました」なんて言い合って、やばかった、よかったと口々に言いながら会場を後にしました。

 

 その後はチケットお譲りいただいたフォロワーさんとおしゃべり。言葉にならない感想をいろいろと聞いていただきましたとさ!

なんかね、ちゃんとバンドだったし、アイドルだったし、ジャニーズだったし、Zeppでやる子たち、だったなぁ。全然できるねって思った。いちばん後ろのPA卓の横にいたけど、すごいみんな盛り上がってたしよかったーーー

 ライブ直後の感想ツイート。

 本当に本当に素敵なライブだった。楽しくって盛り上がって、これから彼らがどんな景色を見せてくれるのか、それも楽しみになるような素敵なライブだった。

 個人的には、思ってたより踊ってたし、思ってたよりちゃんとバンドだったし、やっぱり揺るぎなくジャニーズだった。ジャニーズがZeppでやる意味。やる意義。

 これからLove-tuneがどんなグループになっていくのか、期待は高まるばかり。

 

f:id:cazucca:20171019104726j:image

 なんかいろんなところにロゴがあって、嬉しかった。ビートくんの位置、袖にしようかな?? 悩む。。

 

 

雑記。

 全滅して一般もだめで、チケット取れなくて泣いたのは人生で初めてだった。笑

 今年はJUMP運がよくてダブったチケットは全部フォロワーさんにお譲りして徳を積んだ気になっていたのに*6、らぶは全然ダメで……わたしはLove-tuneの単独ライブに行けないまま死ぬのかもな……と割とガチめに思いながら毎日過ごしていた。あんまり遠征できないのもあるし、自分がいつ死ぬかわからない上にLove-tuneも先々どうなるかもわからないから、もう二度と会えないかもとは常々思ってるけど。

 たった3日しかない「Love-tune Live 2017」、1公演だけでも入りたい、入る予定のひとだって願わくばあわよくば全ステしたいって思うはず。誰だってひとつでも多く入りたいはず。でも、いつも仲良くさせていただいてる、……まぁとにかく私がお世話になりっぱなしのフォロワーさんなんだけれど、その方が「2公演1枚ずつ譲ってもらえることになったので」と初日の方をわたしに譲ってくださいました。ありがたすぎてもうほんとに泣くしかない。生きててよかった。

 チケットなしで遠征するつもりがなかったから年休の申請もしていなくって。半ば諦めていたから先週も休んで旅行行ったとこだったんだけどw、「18日と19日の午前お休みください」と伝えたところ、その日程以外の休みは取れなかったことがそのとき判明。基本いつでも休めるんだけど、最初から私が行けるのは18日だけだったんだ。元々18日はチケットを申し込んでいなかった日で、普通に当たってたら行けてなかったかもしれない。ぞわっときた~~~。 

 セトリについては、ジャニーズ追ってない空白期間が長かったから曲ぜんっぜんわかんないだろうなぁ……と思ってたんだけど、前述の通り、かつんのWill Be〜とSHE SAID...、エイトのへぶんりは発表当時にもめちゃくちゃ聴いてた曲で、本当に嬉しかった。彼らをちゃんと追ってたのは10年前とかそこらなんだけど繋がってることを実感した。色んな思い出が蘇って……ジャニーズはやっぱりすごい。

 ファンの対応力もすごかった。ファンの対応力ってジャニーズどこもすごいけど、C&Rのタイミング、キャーのチェックポイントしっかり叫ぶし、曲終わりや見せ場の「フゥ~~~~!!」すごいし、そういう意味でもZeppいいなーと思った。同じ2000人規模ならホールでもいいんだけど、バンド寄りのZepp、ダンス寄りのホール、ミックスのアリーナ、何もかも派手なドームくらいの、色んな選択肢ができるグループになるのもいいなーとは思った。

 

 初めて単独に入るのに、やや不安もあって、本当に少クラとバック仕事してる姿しか見たことないわけだから実際見て「おや??」ってなることもあるかな~と気持ちに保険をかけてたの。

 でも全然そんなことなく、最初から最後までずーーーーーっと楽しかったし、幸せだったし、嬉しかったし、Love-tuneに出会えて、Love-tuneをだいすきになれて、本当に本当によかったなぁとつくづく思った。

 次に会えるのはいつになるのか、それを思えば哀しさがないとは言えないけど、今日も7人が、彼らを愛するらぶ担のみんなと笑ってることを思えばこんなに幸せなことってない。

 素敵な日だったなあ。。。だってほとんどのひとが美勇人くんデザインのTシャツ着てて、どっちの色にしよう!?って可愛く悩んで、おしゃれに着こなしてて、当の本人ハーフ&ハーフだし本当もう(笑)愛しいな~~。ぜんぶ愛しかった。幸せだった。

 

 これからLove-tuneが見せてくれる景色を、ひとつでも多く、共有できたらいい。

 私が見れない分も誰かがきっとちゃんと見てくれていて、その分しあわせは増えていくはず。そうなるといいなあ。

 

 

追記。

 2日目の公演で、顕嵐ちゃんが「Love-tuneは盛り上がる曲、アイドルらしい曲もできるし、歌もダンスも楽器も、ってやっているから中途半端と言われることもあるかもしれないけど、全部中途半端だったとしても突き抜ければそれがひとつのオリジナルになるんじゃないかと思っています。先輩含め色んな人の良いところを取り込んでオリジナルを作っていきたいと思います*7」と話してくれていたそうな。

 なんて素敵な言葉なんだろう。

 実はZepp初日のあと、かるーくパブサをしていたんだけれど、やっぱり批判的な目を向けるひともいるのよね。顕嵐ちゃんの言う通り「あれもやってこれもやって統一性がない、何がしたいかわからない」と。予想通りすぎる、らぶに対してはありふれた言葉だったけれど、やっぱり気になるもので。

「なんでもかんでも手を出して何をしたいかわからない」と見る側の人間が言ったとしても、Love-tuneが「そうやってオリジナルを作っていきたい」と話すかぎり「それでいい」「それがいい」なんだよなあ。まだ未完でいい、だから面白い。完成度が高けりゃそれでいいってもんでもない。と思う。

 こんなことをツイートした。 

 もちろんこれは私がらぶ担だから言えることで、他担だとしたら「中途半端」に見えるのかもしれない。中途半端でなくすべてを極めてきたら本当に脅威でしかないしね。

 それはそれとして、とにかくらぶ担たちが「彼らはオリジナルを目指して成長してるところだから、これからも楽しみだね」と理解して付いてきてくれることほど、彼らにとって心強く頼もしいことはないんじゃないかな。

 本当、公演中も「みんなのおかげ」って何度伝えてくれるんだろう、Love-tuneの活躍が見たいから、笑顔が見たいからなんだよって、その一心でやっていることをあちらから感謝されてばかりでもどかしかった。

 また色んな要望を出したり、アンケートやお手紙を書いたりすることでお返しをしたいと心から思う。

 

 

 

*1:美勇人くんがベースのとき立ち位置が多くなるから

*2:ライブ行くたびに言ってる

*3:個人的見解

*4:ジャズっぽいからジャジーってずっと言ってるけど合ってるのかわかんない。揺らぎがあって色気のある音色。ジャズとは……?

*5:そのままだけど

*6:願掛けみたいなものだけどね

*7:レポを拝見してのニュアンス